今、自分が すべきこと。「本分」

 

《 自分の本分と、多くの情報。》

.

.

(以前にも書いた記事〈「何に関心を向けるのか? 」〉の中で、専門のことは、

専門家の方々にお任せするのでいいのでは?ということを、サラッと 触れたことがありますが、)

 

それぞれが、各々の本分(役割)を全うすることに

重きを置けばいいだけ なのだと思います。

 

※それぞれの 本分(役割)は、それぞれが素晴らしいです。

そして、みんなが それぞれの 本分(役割)を 務めてゆくことで、社会が成り立っています。

 

今の時代は、いろいろ 情報が受け取れる 時代なので、

自分の「本分(役割)」に必要な 情報も受け取りやすいですが、

それ以外の 自分の「本分(役割)」には必要がないという 情報

含めて、自分の下に どんどん入ってきやすい環境と なっています。

.

.

その環境の中で、自分自身が、どんな情報を受け取り、

そして また、どんな 情報に対して、レスポンスをするのか。

そういう、選別をしてゆくのが、とても大切なのだ と思います。

.

.

今回は、自分の「本分(役割)」について や、

多くの「情報」に対して、どう 接していったらいいのか?について、

また 「社会」についても、取り上げていこうと思います。

.

.

.

_

《 あなたの「本分」とは。》

.

.

人は、生まれ持って、

既に 多くの多くの「特徴」があります。

.

.

※大小の「特徴」が ありますし、また その人が持っている 多くの特徴が 様々に重なり 合っているという意味でも「特徴」といえます。

(「特徴」が、何かの 一つの特徴に 特化した方が 素晴らしいと いうことでもありません。その人が持っている 多くの特徴が、重なり 合っている その模様というか「個性、特徴」そのもの自体が 素晴らしい。その人その人 それぞれが 素晴らしい。)

.

.

その特徴というものは、ある見方によっては、

良い様に映りますし、また 別の見方によっては、

悪い様にも映ったりします。

 

(なので、勘違いされがちですが、)

 

その個々の 既に 持っている「特徴」自体が、

既に 個々に備わった(貴重な)「才能」なのです。

.

.

言わば、ただ その「特徴(才能)」を どの様に使うか、

どう 役立てるか、ということだけ なのです。

.

.

.

シンプルに 言います。

.

.

あなたは、その あなたの存在自体で 既に素晴らしいのです。

 

「あなたの存在」自体が「才能」なのです。

.

.

.

人は、自分自身のことは「当たり前」と感じていて、

「普通のこと」だと思っています。

 

もしくは、自分自身のことをネガティブに感じていることもあるでしょう。

 

しかし、それらは、あなたの(貴重な)「特徴(才能)」なのです。

 

そんな素晴らしい特徴(才能)を、自分自身が、

気付かずに活用していない場合や、恥ずかしいと勘違いして、

覆い隠してしまっている という場合があります。

.

.

そうした余分なもので覆い隠されている 場合では、

あなたの「良さ」は隠されてしまって出てこないんです。

.

.

前回の記事の文中の《 削ぎ落とすことで、見えてくるもの は多い。》の所でも書きましたが、

今回の件の「余分なものを 削ぎ落として、元々 持っている自分の

「特徴(才能)」を表現する」という意味としても、「自分自身を 削ぎ落としてゆく」こと は有効なのだと思います。〕

.

.

どうか、本来の元々の あなたが、素晴らしいということを、

あなた自身が 認めてあげて下さい。

.

.

そして、

ありのままの あなた(の才能)を開示し、表現していって下さい。

 

その延長線上に、あなたの「本分(役割)」というものがあるんです。

.

.

.

_

《 自分の役割と、関係の無い情報。》

.

.

さて、世間には、自分の「本分(役割)」ではない もの があります。

(というか、自分の「本分(役割)」ではない もの の方が多いです。)

 

そういう、自分の本分(役割)以外のことは、

自分には どうしようも出来ないことが多いのだと思います。

 

しかしながら、自分の本分(役割)以外の情報を 過剰に受け取り続けてしまい、

そのことに対して、憤ったり、悲しんだり、一喜一憂してしまう。

そういうことが あると思います。

けれども、そういう状態というのは、生産的ではない様に思います。

 

〔自分に対して、自ら ストレスを抱え込ませてしまっています。〕

 

(出回っている情報が正しいのか、出回っている情報だけが全てではない という点からしても、出回っている多くの情報をそのまま全て鵜呑みにしてしまうのは、とても 危ういのだと思います。)

〔今、自分がやるべきことをやれば それで いいのだと思います。〕

 

   ※ ストレスを溜め込まない為に → 〈リブログ:「良いニュース、悪いニュース。」〉

.

.

そして、自分の本分(役割)以外のことに対して、

出過ぎた行動をしてしまうというのも、

考えもの なのだと思います。

 

なぜなら、自分の本分(役割) 以外のこと というのは、

(自分では)知っている気になっているだけ ということが多いからです。

 

その分野の専門の方々は、その分野においては、詳しいですし、

また その分野に おいての情報を より多く 持っているのだと 思います。

 

(専門的な方々は、)その多くの 知識や情報 の中から、

多くのことを考え、判断して、行動に移しています。

 

そのことを理解した 上で、自分の仲間内の範囲で意見を述べることなら、

全然 構わないと思いますが、(その 自分の本分(役割)ではない(個人的な)意見を) 世間へ向けて

批判的に発信してゆく、というのは、少々 野暮なのではないでしょうか?

〔 ↑ 相手の専門的(本分)な 分野の行動に対して、足を 引っ張ってしまっている。〕

.

.

〔ちなみに、相手の行動に対して、意見する、批判する、とういことが、

その人の 本分(役割)という人も 中には います。〕

.

.

.

_

《それぞれの「本分」と、社会。》

.

.

先程、

その人その人が 生まれ持った「特徴」「才能」が、

その人の自身の「本分(役割)」に繋がることは、既にお伝えしました。

 

そして、その「特徴」というものは、素晴らしいものであり、

また一方で、至らないというもの であることも お伝えしました。

.

.

人は、多かれ少なかれ、得意なもの、不得意なもの があります。

(あって 当然です。)

.

.

人間社会の 素晴らしいところは、それぞれ個人が 本分(役割) を持って、

それぞれが 活きる(得意な)分野で 活躍し、また、お互いの苦手 を補いながら、

(全体として)社会生活が成り立っている というところだと思います。

.

.

※その人その人、それぞれの「本分」は、

それぞれが共に 素晴らしいです。

.

.

野菜を栽培するのが得意な 人は、野菜を栽培し、

大きな車の運転が 出来る 人は、その野菜を運ぶ ドライバーをして、

料理が得意な 人は、その野菜をお店で 料理をして提供する。

.

.

(栽培が苦手な人や、大きな車の運転が出来ない人、料理が苦手な人は、

それらの苦手なことをしなくていいんです。

別のことで 自分が「普通に出来ること」「やることが得意なもの」を 本分(役割)とすれば いいんです。)

 

※ちなみに、この「普通に出来ること」というのは、難なくできることなので、実は 得意なことなのです。

.

.

この様に、社会というものは、

それぞれの長所を活かし、短所を補いながら、上手いこと成り立っています。

.

.

なので、もし、あなた自身で苦手なことを「自分が やらないと(やる人がいなくて)ダメだから」と、

必死に やっている様なことがあるとすれば、実は それは(あなたがやる)必要がないこと なんだと思います。

あなたが やらなくなったら、(面白いことに) その内 誰か それをやる人が 現れます。

 

※今回の記事で、経済的な差 などの 話に関しては、本題ではないので 取り上げません。

.

.

.

_

《 自分の本分以外との繋がり。》

.

.

そういう「社会」の成り立ちの 活かし合って、補い合うという、

意味から考えて、自分の本分(役割)ではない(自分の分野以外の)情報を

過剰に受け取ること や、その情報に対して 過剰に意識を向けて、

過剰に行動する、ということは、個人(本人)としても、

社会(全体)としても、宜しくないのだと思います。

.

.

.

しかし、その一方で、

(自分の本分(役割)以外の)情報を まったく

入れないのは、自分の本分(役割)以外の人 との

関わりが 出来なくなってしまいます。

.

.

なので、まったく 情報を入れない というのも、また少し違うように思います。

.

.

自分の本分(役割)以外のことは、無関心でも良いというのではなく、自分の本分(役割)以外のことも

社会全体では繋がっているので、情報としては入れておくように

する方が いいのだと思います。

.

.

しかし、 (自分の本分(役割)以外のことは)過剰な量の情報を収集する 必要もないですし、

 

また、その情報に対して 過剰なリアクションもする 必要はないと思います。

.

そして、その(自分の本分(役割)以外の)分野のことは、その分野の専門的な人に お任せをして、

.

なにより 自分は、大切な 自分の本分(役割)というものに集中する。

〔今、自分が やるべきこと、やれること、に集中する。〕

 

そういう社会とのバランスが、大切なのではないでしょうか?

 

〔自分の本分(役割)の分野 以外のことに 囚われているときは、(大切な)自分の本分が 疎かになってしまっています。〕

.

.

〔ちなみに、仮に、自分の本分(役割)以外の分野で、どうしても変えたいことがあるのなら、それに適した人の 力を借りることが大切です。〕

.

.

_

ちなみに、情報の見分け方として、

 

自分の(必要としている)本分の分野の情報なのか、自分としては(それ程)必要のない情報なのかの、見分け方をシンプルにお伝えするとすれば、

 

その情報を受けとるときの 自分の感情が、 ポジティブなものか、

ネガティブなものか、 で判断が出来ると思います。

.

.

ニュースを見ていて、自分の(必要としている)本分のものは、その情報に対して、

自分は熱中して集中して没頭してしまうような情報。 ワクワク楽しい感情。

ウキウキして猛烈に集中しています。 スゲー♪ 面白い♪ というような感情です。

 

一方、自分には(それ程)必要のない情報の場合は、その情報を見ているときに、

憤りを感じたり、 葛藤が生まれたり、 悲しみがあったり、

不安感、 恐怖感、 心配  、、などというような感情です。

.

.

日頃、ニュースを見ているとき(情報を受け取るときに)に、

自分は、今、(自分に とって)どういう 情報を受け取っているのだろう?

自分は、今、どういう 感情になっているのだろう?

と、確認しながら、情報を受け取ってゆくのがいいのだと思います。

.

.

.

_

《 個々の「本分」と 共存。》

.

.

あの人には、あの人に しか出来ないこと

(専門的な、あの人の役割)が、あります。

 

あなたには、あなた しか出来ないこと

(専門的な、あなたの役割)が、あります。

.

.

各々が、自分の 本分(役割) において、

集中すべきことが あります。

 

それぞれが、それぞれの 相手の 本分(役割)を

理解、尊重、信頼してゆき、

.

.

各自が、自分の本分(役割)をしっかり理解して、

それを全うしてゆく ということが、

個人としても 健全な状態ですし、社会としても 健全な状態と

言えるのだと思います。

.

.

〔それぞれが、(個人としても)活き活きと 生きて、また 相手の 本分(役割)を 理解、尊重、信頼し、社会としても、お互いの良さを活かし お互いに助け合う。そういう状態が 理想的なんだと思います。〕

.

.

.

==

〈 過去の記事 〉

==

.

.

.

Dimitris VetsikasによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました