なかなか 出来ないこと。(どうしたら出来るのか?)

 

《 時間が無くて出来ない。》

.

.

「あ~、時間があれば、○○(やりたいこと)を、したいのになぁ~。」

.

「ホントは、△△(やらないといけないこと)を、やらないと いけないんだけど、、時間が無いんだよねぇー。」

.

.

という声を、私の身近な人からも 聞いたりは します。。

.

〔以前の私も、もちろん、同じでした(笑)。〕

 (^。^;

.

.

.

さて、今回は、この「やらなければならないこと」を、

.

.

時間が無くて〔忙しくて〕出来ないというケースについて、考えてみようと思います。

.

.

_

《 時間は無いのでしょうか? 》

.

.

この「時間が無いんだよねぇー。」の人(何人か)の、行動を観察してみます。

.

すると、〔傍(はた)から見てみますと、〕時間は「ある」様に思えます。

.

やらなければいけない もの の前に、後回しにしてもいい(今やらなくていい)ような

作業を先にしています。

.

.

なので、おそらく 「時間がない」というよりは、

.

ただ、優先順位として、その「やるべきこと」に、

時間を あてて いないだけ なんだと思います。

.

_

《 何によって、優先順位を決めているのか?》

.

.

時間が あるとか、ないとか、

.

そういう ことよりも、

.

やるべきことを 行動することの重要性、緊急性を

自覚しているか、理解しているか、

.

ということで、

.

人は、優先的に、行動「する」「しない」という選択を

しているところが ある のではないでしょうか?

.

.

なので、

やらなければ いけないことが、あるときに、

.

「時間が できたらやろう」という 判断基準では、

「やらない」ということ。

.

という ことなのでは ないでしょうか?

.

.

_

《 「重要性」「緊急性」を「自覚する」「理解する」には? 》

.

.

それでは、

その、やるべきことの重要性、緊急性を まずは、

しっかりと自覚する、理解するということをしてゆきましょう。

.

.

「重要性」「緊急性」を「自覚する」「理解する」為に、

やるべきことの、

  • それを、やる意味。
  • 自分が やる 必要性(メリット、デメリット)。
  • 期限(いつまでなのか、明確に把握する)。
  • その作業を やれるタイミング(条件、作業時間)。
  • 〔その やるべきことに対する 自分の固定観念。〕

などを、

自分の中で、整理して、明確にしてみましょう。

.

.

そうすることで、

やるべきことの「重要性」「緊急性」が、

「自覚」「理解」出来てくると思います。

.

この、やるべきことの「重要性」「緊急性」を、

「自覚する」「理解する」ことによって、

やるべきことに ついての行動の 優先順位が 上がります。

.

それにより、時間が出来た時に、別のこと〔後回しにしてもいい(今やらなくていい)ような作業〕よりも、

.

やるべきことに ついての行動を、容易に 優先的に選択することが出来ます。

.

なので、順序として、初めに、

その やるべきことの「重要性」「緊急性」を、

「自覚する」「理解する」ということから、

.

始めた方が、やるべきことの 進みが早い のだと思います。

.

こうして、

やるべきことの、はじめの一歩 の行動が

しやすく なるのだと思います。

.

.

《 他にも 行動を妨げているものが あることも。》

.

.

やるべきことの「重要性」「緊急性」を、

「自覚」「理解」していたとしても、

他にも、行動を起こしにくく しているものがある場合も あります。

.

.

それは、やるべきことを、行動すること についての

「怖さ」「恐れ」というものです。

.

この、行動を 起こすときの「怖さ」「恐れ」というものを

感じている状態では、行動を起こすことが、

上手くいかないことも多いでしょう。

.

.

やるべきことを、行動することに ついての

「怖さ」「恐れ」を感じていて、

.

.

かつ、やるべきこと の重要性や 緊急性というよりも、

「怖さ」「恐れ」が勝ってしまっているという状態では、

なかなか行動が起こせないでしょう。

.

.

 〔 「怖さ」や「恐れ」 > 「重要性」や「緊急性」

.

.

〔この「怖さ」「恐れ」があると、やらなければいけないことを

分かっていても、その行動する優先順位を どんどん 後回しに してしまいます。。〕

.

.

.

_

《「怖さ」や「恐れ」が 原因と認める。》

.

.

やるべきことを、行動することについての

「怖さ」や「恐れ」が、「重要性」や「緊急性」よりも、

勝ってしまっているときは、

.

.

強引に 行動しよう(相手の場合は、させよう。) としないことです。

〔いきなり、強引に行動できる人は少ないと思います。〕

.

.

〔人は 感情によって、行動を左右される ものです。

それを否定せずに、解消してゆくことが大切だと思います。〕

.

.

まずは、

この今の、行動が出来ていない状態というのは、

「怖さ」「恐れ」が大きい為なのだと理解することです。

.

そして、それを解消してから〔行動しやすい様にしてから〕、

行動すればいいんです。

.

.

_

《 知らないものは「怖い」。》

.

.

さて、それでは、

まず、これから行動すること の障害となっている、

「怖さ」「恐れ」に ついての理解をしてゆく訳ですが、

.

.

それは、この今回の行動の障害となっている「怖さ」「恐れ」を

知ってゆくことです。

.

〔人は、自分が 知らないことは、怖いんです。

「知る」ことで解消されてゆくことは、多いです。〕

.

.

_

《 何に対して「怖さ」「恐れ」を感じているのか 。》

.

.

さて、「怖さ」「恐れ」を知る(理解する)ということ ですが、

この原因は、

・ (その人が)情報が無いだけで 感じている ものなのか、

・ (その人の)心理学的に深いところから 来る ものなのか、

などなど、

という、とーーっても、細かい話になっていってしまうので、

今回は、簡単にサーーっと、お伝えしてゆきます。

 (^-^;

.

 〈 情報によるもの の例 〉

.

  • 何をやったらいいのか、やり方を 知らないから。

..

  • もっと簡単に できる方法を 知らないから。

..

  • これからの環境(状況)の変化に ついて知らないから。

.

.

.

.

 〈 心理によるもの の例 〉

.

  その行動を取ることにより、他の人から 何か言われるのでないか、

   怒られるのではないか、批判されるのではないか、

   蔑んでみられる のではないか、などという 恐れ、思い込み。

.

  ・ この行動することで、自分の身に 何かが降りかかってくるのではないか?漠然と とても怖い。

   〔探っても、原因がすぐには出て来づらく根深いもの。〕

.

.

などなど、

その人によって、環境によって、様々な 原因があるでしょう。

.

.

まずは、

何が障害となっているのか を探っていって、明確化します。

.

.

明確化して しまえば、あとは、

それをこなして ゆけばいいだけです。

.

情報が無かったので、行動が出来なかったのであれば、

話は簡単です。

.

やり方知らないなら、調べる、知っている人に聞く。

.

.

心理的の原因の場合は、簡単に言うと、

トラウマ から来ているのかも しれません。

.

〔こっちの場合は、専門的な所へ行って解消してもらいましょう。〕

  〈リブログ:「お気軽に、心の 定期健診。 」〉

.

.

_

《「問題」「障害」を解消するには。》

.

.

簡潔に言ってゆきます。

.

「問題」「障害」となっているものを明確にする。

 ( ↑ まずは、逃げずに向き合うことが大切。)

.

解消(解決)しやすい様に、それを細分化する。

.

そして、その解消しやすくなった大きさの

「問題」「障害」を解消してゆく。

.

.

その細分化された ものを、一つ一つこなしてゆくことで、

とても大きく見えた「問題」「障害」は、

いつの間にか、とても小さくなっていって、

.

.

いずれ跡形もなく 無くなっているでしょう。

.

〔ちなみに、課題をして解消してしまった「問題」「障害」は、

再び (人生で)あなたの前に「問題」「障害」として

現れることはないでしょう。

逃げてしまったり、最後まで解消していなかったものは、

再び あなたの前に「問題」「障害」として現れます。[カルマ]

.

===

《 思い過ごし も多い(笑)。》

.

.

あとは、単に、思い過ごし をして

「恐れている」場合もあります。

.

実際にやってしまえば、

「なんてことは なかった」というもの。

 ↑ コレ、意外と多いです(笑)。

.

怖くても、やってみたら、

「そーでもなかった」という経験を、何回かしてゆくと、

.

この度胸が ついてきますので、「怖いけど、また、やってまえ~っ!!」と、

やれる様になってきます。そして、再び やってみると、

.

.

「やっぱり、そーでもなかった」と、なります(笑)。

  〈リブログ:「躊躇して、行動できていないとき。 」〉

.

.

.

===

《 中には、やる必要の無いものも。》

.

.

最後に、

もっと、言ってしまえば、

あなたが、なかなか やる気に なれないもの で、

.

その原因は、あなたが (本来)やる必要の無いこと だから、

ということ もあります。

.

あなたが、世間の常識的に見てとか、

社会一般として とか、上司に言われたものは やらないといけないから とか、

.

そういう固定観念から、

その行動を とろうとしたものは、

あなたが (本来)やる必要の 無いから、

という場合もあります。

.

.

ただ、このことを、

逃げ口実として 使うという のは、違いますよ(笑)。

___

こちらの記事も 参考にして頂けると、より分かりやすいのでは?と思います。

  〈リブログ:「あえて 人の意見に乗ってみる。 」〉

  〈リブログ:「試してみる。 」〉

  〈リブログ:「『自分が選択をしている』という、コツ。 」〉

.

.

.

コメント

  1. Royal CBD より:

    I used to be able to find good info from your
    blog posts.

  2. Good information. Lucky me I came across your blog by chance (stumbleupon). I have bookmarked it for later!

  3. Christian より:

    continuously i used to read smaller articles that as well clear their
    motive, and that is also happening with this
    post which I am reading here.

  4. Madison より:

    Write more, thats all I have to say. Literally, it seems as though you
    relied on the video to make your point. You clearly know what youre talking about,
    why waste your intelligence on just posting videos to your blog when you
    could be giving us something enlightening to read?

  5. Hi I am so excited I found your site, I really found you by
    error, while I was searching on Askjeeve for something else,
    Nonetheless I am here now and would just like to say thanks for a fantastic
    post and a all round interesting blog (I also love the
    theme/design), I don’t have time to go through it all at the
    minute but I have saved it and also added your RSS feeds, so when I have
    time I will be back to read a lot more, Please do keep up the
    fantastic jo.

  6. When someone writes an piece of writing he/she keeps the thought of a user in his/her brain that how
    a user can understand it. So that’s why this article is
    outstdanding. Thanks!

タイトルとURLをコピーしました