何か、むしゃくしゃ することがあったとき、

何か むしゃくしゃすることがあったとき、

 

なんだか、いろんな むしゃくしゃポイントを

見付けまくってしまい、

ますます、ムカムカーっと、

きてしまいがちですが、、

 

ちょっと、いったんストップしてみて。

 

自分の心に、(そのとき)

自分は 本当はどうしてほしかったのか?

本当はどうしたかったのか?

 

 

という自分の根本の欲求を

探る(分析する)と、、

 

問題(その むやくしゃしていたこと)は、とてもシンプル

ことが多い。

 

 

そして、それは、

自分が そうしなかっただけ、

そうしてしまっただけで、

他の人が根本の原因ではないことが多い。

 

 

ただ、

自分の心に素直に行動しさえすれば、

そんな むしゃくしゃするようなことは

なかった。

 

相手や 周りの人、世間、、などなど に、

嫌われないかな?

 

とか、

無能だと思われないかな?

 

とかの

マイナスの意見を 自分が勝手に考えて、

そう行動しただけ。

 

 

誰からも、そんなこと言われていないのに、

 

 

どういうふうに思われるかなんて、

自分の思い込みで、本当はどうか

なんて分からないのに。。

 

 

↑不確かなものを基準に判断すると、

だいたい間違えてますよね。(^^; ハハ

 

 

 

しかも、

そういう思い込みをしているときは、

勘違いをして 他人のせいにしたりすることが

多いし。。

 

 

そういうとき根本の自分の

欲求を理解していないと、

問題が ごちゃごちゃに

派生してしまいます。

 

 

この派生する問題は、

元々の問題と本当は関係ないのですが、

なんだか、みんな同じ問題に

見えてしまいます。。

参りますよね(^_^;

 

 

なので、

何か、むしゃくしゃ、ムカムカーっと、

きたときは、

 

無理やり、深呼吸などして、

少し、そのイライラを中断して、

 

 

自分の本当の気持ちがどうだったのか、

ただ、どうしたかったのか、

ただ、どうしてほしかったのか、

 

を知ってあげて、

その 自分の本当の気持ちに

素直な行動をとるようにしましょう。

(^^)

 

 

まったく正直に 行動するのが難しかったら、

少しでも(少しずつでも)

自分の本当の気持ちに寄り添う行動を

してあげましょう。

 

 

コメント

  1. When someone writes an paragraph he/she retains the
    image of a user in his/her mind that how a user
    can be aware of it. So that’s why this paragraph is perfect.
    Thanks!

タイトルとURLをコピーしました