〇〇は、悪者ですか?

ストレス


ストレスと、聞いただけで、
なんか イヤやなぁー、となりますが、

ストレスって、何なんだろう?
調子が悪いとき、よく ストレスが原因とか聞いたりするけど。。


なんだか、あやふやな原因の究明を、
何となく ストレスってことにしていないの?

とりあえず、ストレスと言っておけば、
ストレスを悪者ってことにしておけば、いい
って、なってないカナ??

〔※もちろん、実際にストレスが 主な原因のこともあります。〕

〔あと、ご年配のお客様で、体の不調を病院の先生に言ったら、
「何でもかんでも、年齢のせいにされて、イヤになっちゃう!!」と、いう声もよく聞きますよねー。
もちろん、もっと細かいその人なりの原因があって、体に症状として出ているのですが、、
病院の先生方が忙しすぎて、ひとりひとりの患者さんの細かい原因まで、
診るというのが難しくなってしまっているのかもしれませんが、、〕


結論から申し上げますと、
ストレスは、必ずしも悪者ではない。
人が生活をしてゆく上で、必要となっている部分がある。
もちろん、過剰になってしまうと良くないが、
100% 悪者ではない。

 


音楽のコード進行で、
トニック(T)とか、ドミナント(D)とか、サブドミナント(S)
というコードがあります。
〔今回は、細かくなってしまうので、サブドミナントに関しては置いておきます。〕

コード進行の中で、それぞれどのような性格があるかというと、
トニック(T):安定している。[着地感がある。]
ドミナント(D):不安定である。[着地感がない。]


なので、
T→D→Tだと、
成り立って(T)⇒何か気持ちよくない、心地よくないことがあって(D)、⇒もとの(気持ちの良い)ところに帰ってくる(T)
という感じですかね?〔感覚的に書いてしまったので、うまく伝わるか不安ですが(^^; 〕
この形(流れ)が、心地よく聴こえる(感じられる)コード進行です。


そしたら、T→T→T という、Tのままでイイじゃんっ。
と思いますが、ずっとTだけですと、
なんだか、のぺーっとした印象になっちゃいます。(なにか物足りない感じ?)


D→D→D だと、、 もう いい加減にしてほしい感じですね、
聞いてて違和感あり過ぎてイヤです(汗)。


やはり、D→T にすることで、
スムーズに進んでいく感じが出てきます。


この、ドミナント(D)ストレスが近いのかなと思います。


人生で、何も起こらずにそのまま進んでいくこと(T→T)って、ないんだと思います。

何かしら、ドミナント(ストレス)的な出来事が起こって、〔あるいは気付くように促されて〕
自分の進むべき方向、自然な方向へ、
ゆくようになっているんではないでしょうか?


物事をスムーズに進めてゆく為に、ストレスは必要なものだと思います。
もちろん過剰なストレス、継続的なストレスは、良くないが、
ストレスというものを、こちら側が上手く接してゆくことで、
(あるいは、何かのサインだと気付くことで、)
自分の力となるのだと思います。

 

===

ちなみに、悪玉菌も、体に役立ってることあります。
なので、悪玉菌も100% 悪者ではないです。
〔名前からして、悪玉って、時代劇だと最後に やっつけられちゃうやつじゃん(笑)。〕


いろんなことを はじめから悪者に思っていると、
その人(もの)の やること なすこと、
みんな悪く見えてきてしまいます。
決めつけないようにしないとですねぇ。(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました