量子力学的

人生のノルマ

欲張らない、頑張り過ぎない。

どこかへ出掛けたときに、ついつい欲張って、あちこち たくさん 回りたいと思って、頑張ってしまう ということがあると思いますが、、
刺激(情報)

自分の心を満たすもの。

何で 自分の心を満たしておくのか。その選択権は自分自身にあります。何を 選択するのかは、自分の自由なんです。
量子力学的

意見が違っても 双方正しい。

物事を まっさらに そのまま見ようとしても、認識しているのは、それぞれ個々の脳なんです。
量子力学的

『それぞれの普通』は、『隣の芝生』。

他の人を見て、「うらやましいなー。」と思うことがあると思いますが、他の人からしたら、あなたも、また、「うらやましいなー。」と思われています。/自分の個性を愛することも大切です。
幸せ

心に 素直に、伝えられてますか?

普段の生活において、自分の気持ちを素直に 相手に伝えられていないことって、意外と多いのかもしれない。何か、考え過ぎてしまったり、深読みし過ぎてしまったりして、余計に ややこしいことになっていることって、多いんだと思います。
量子力学的

なぜ、『執着』が宜しくないのか?

「お金に執着する。」「今の恋人に執着する。」「メンツ・体裁・世間体に執着する。」などなど、、。 その「執着」に対して、 「なぜ、『執着』が宜しくないのか?」ということについて考えます。
量子力学的

物理学的意識

※ すみませんが、量子力学での二重スリット実験での意識を注ぐという行為を、(私の中で勝手に呼びやすいように、私のブログでは)「物理学的意識」とさせて頂きます。 (^-^ ゞ / この考えを基に、いろいろ照らし合わせてみると、
量子力学的

その人の成長や価値。(量子力学的発想)

量子学的発想[二重スリット実験を参考に]で、その人の成長〔していっている部分〕に、意識を注ぐと、その成長は、、、
量子力学的

フワフワな状態でもいい。

今回は、前回のブログの続きです。よく状況として、Aか、Bか。Aをするか、Bをするか。2択の内、どちらかを選ばないといけない状況で、どちらも選べない、というとき、、
量子力学的

量子力学的にメンタル考えると、

私が理解した範囲で、量子力学では、「2つの状態が重なり合って存在している」という特徴があるようです。 そこで、量子力学的に、メンタル的な面を考えると、どうなるだろうと、考えてみました。(^∀^)o
タイトルとURLをコピーしました