お金を使うとき、

お金を使うとき、
その目的によって、結果が変わってくるように思います。


× お金を「使うこと」が目的
散財

お金を使うことによっての「楽しみ」、「感動」(こっちが目的)を、
意識してお金を使う。
豊かさを呼ぶ。


==
ストレスの解消などの目的で、「お金を使う」ということが目的。
と、いうことは、

お金を手元から放出することで、ストレスの解消が目的となる。
ので、

イメージとして、
お金が手元から無くなることを良しとしている。
のと、
ストレス解消(根本の原因ではないので、一時的な解消)が得られる。

得られる結果は、
 ⇒お金が無くなる。と、一時的なストレス解消


==
「楽しみ」、「感動」、「やりたいこと」など を得たい為にお金を使う。
と、いうことは、

意識や目的が「楽しみ」、「感動」、「やりたいこと」などにある。
お金を使うのは、その「楽しみ」、「感動」、「やりたいこと」を得る為の手段としてである。
ので、

イメージとして、
お金を使うとか 使わないとかという意識よりも、
「楽しみ」、「感動」、「やりたいこと」を得ることに集中している。

ので、
どんどん、「楽しみ」、「感動」、「やりたいこと」が
集まってくる。

得られる結果は、
 ⇒「楽しみ」、「感動」、「やりたいこと」 ⇒豊かさ


==

お金を使うとき、
何気なしにお金を使うよりも、
「楽しも~♪」と思って使う。
「感動しよーっ♪」と思って使う。
「やりたいことをやるぞ~♪」と思って使う。
と、イイんだと思います。 (^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました