愛情や豊かさの バトン。

 

愛情を その人(その子)に、注いでゆけば、

その人は、また他の人へと 愛情を注ぐことが出来る人に、

なりやすいのだと思います。

 

 

愛情を注いでゆくことにより、

その人の 愛情のプールは満たされていって、

安心できる(私は 充分に愛されていい存在 と実感できる)ようになる。

 

そして その、自ら 溢れ出る愛情を、他の人へと(自然と)注いでゆくようになる。

 

 

_

同様に、

豊かさを その人(その子)に、注いでゆけば、

その人は、また他の人へと 豊かさを注ぐことが出来る人に、

なりやすいのだと思います。

 

 

豊かさを注いでゆくことにより、

その人の 豊かさのプールは満たされていって、

安心できる(私は 充分に豊かであっていい存在 と実感できる)ようになる。

 

そして その、自ら 溢れ出る豊かさを、他の人へと(自然と)注いでゆくようになる。

 

 

_

その人(その子)が、どういう人になってほしい というのではなく、

ただ単に、たくさんのものを 注いであげるのは良いことだと思います。

 

ただし、押し付けになってしまうのも 違いますし、

(注ぐ側が)見返りを求めることも また間違いです。

 

お花に水を注ぐように、お水をあげないのも 違いますが、

(求められていないのに)お水を注ぎ続けるのも、また違います。

 

※でも、注がない よりは、注ぐ量が 多少多すぎる程度でも、別に良い のかなと思います。

 

==

《私が 今まで頂いてきたものを、今後も、もっともっと たくさんの後輩達に たくさん注いでゆきたいと思います。そして、いずれ その後輩達が、さらにその後輩達へと、このバトンを たくさんの人達に 繋いでいってほしいと願います。》

(^_^) ☆

 

_

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました