相手を認められる 器の広さを。

Free-PhotosによるPixabayからの画像

(素戔嗚さま)

己の目を疑うことから始めよう。

.

自分の思っていることだけが、

絶対的に 正しいと思うことは とても危ういこと。

.

.

一人の人の価値観が 世の中の絶対的な正解であるはずがない、

のだと思います。

.

.

いろんなものを分け合って、共有しながら、

我々は生きています。

.

その世の中に おいて、自分の[もしくは、自分を含む 一部の人達だけの]意見だけが正しいといえるでしょうか?

.

そんなことは ないのだと思います。

.

.

Gabriela PiwowarskaによるPixabayからの画像

..

.

ある 一つの事象に おいても、

私から見れば、「A」が正解で あっても、

ある 人から見れば、「B」が正解ということは あるんです。

そして、また 別の人が見れば、「C」が正解ということも あるんです。

.

.

自分〔一人の〕考えが、絶対的な正解だと考えて、

〔他の人達に対して〕受容性の無い 考えというのは、とても危うい のだと思います。

.

.

もちろん、あなたの 正しいと思うもの[価値観]も大切でしょう。

.

しかしながら、相手も同じく、

相手自身が 正しいと思うもの[相手の価値観]〔相手に とって〕大切なものなんです。

.

.

相手が、あなたの 正しいと思うものを 頭ごなしに否定してきたら、あなたは 傷付くと思います。

.

同様に、相手もまた、

あなたに〔相手の 正しいと思うものを〕否定されたなら、相手は 傷付くと思います。

.

同じことなんです。

.

ならば、あなた自身が 正しいと思うもの[価値観]〔自分自身で〕大切に しつつも、

相手の 正しいと思うもの[価値観]に関しても、寛容に受け入れること、承認すること、ということは 大切なのだと思います。

.

.

赦し合える、認め合える、そんな 世の中になると、

もっと穏やかな 世の中になるんだと思います。

.

 優しい人は、強い人 なのだと思います。

 🌸 (*´▽`*) 🌸 

.

.

.


〈らくらいいふみ を支援するは、こちら。〉


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました