決めつけてしまうと、、

例えば、 
[整体の施術のやりかたとして、]
腰痛になりやすい原因などの勉強をしたとして、
(駆け出しの時期ではなく、もう経験も積んでいるのに、)
腰痛の原因はココ!と、そこだけに限定してしまうのは、
(私が思うに)とても傲慢?な考えに思う。

コレはコウいうもの!と、症状に対して原因が、誰でも みんな同じなのは、おかしい
(人によって元々の骨格が違ったり、生活習慣の違いや、外部環境もそれぞれ違うはず、、)


原因が、
知識[情報]のままであると限定して
ものを見てしまうと、
そこしか見れなくなってしまうので、

根本の原因が別にあるときは、
見落としてしまうことになってしまう。
〔一時的な対処療法という範囲では有効ですが。〕

  《これは施術だけでなく、仕事や私生活などでも同じと思う。》

 

なので、施術の前知識として、主訴に対して、
大まかに、ここら辺は注意して見とかないとかな?と、
頭の片隅には入れておきますが、
原因を 決めつけず、
現状をしっかり見る(把握する)ことが大切だと思う。
知識よりも、今の現状を見るほうが大切。》


全身(全体)を見たうえで、
怪しいところ(原因となっているであろうところ)の場所に対してアプローチしてゆく。
[もちろん、全身にアプローチしてゆきますが、特に(根本の)原因となっているところをやってゆく。]
[原因となっている場所が複数あることも、もちろんあります。]

さーっと、全体を見ていって、目をつけていた(いくつかの)個所に対処をして、症状が改善されるのですが、
ケースとして、その奥に潜んでいた、また別の症状や原因が見えてきたりもします。

そうしましたら、また同様に、そこに対してアプローチしてゆくのでございます。

==


知識を勉強するのは大切。
知識は知識として、頭に置いておいて、
活用するときは、知識だけにとらわれずに、
現状を把握する。
その把握していったものに対して、対処してゆく。
クリアーするまでに、新たな変化が出てくれば、
その変化に対して、対処してゆく
ことを進めてゆく。


==

さすがに↓こんな状況は なさそうですが(^^;

_freakwave_によるPixabayからの画像〉

コメント

タイトルとURLをコピーしました