声掛けの回数。

〔相手を気遣う(慈しむ)〕声を

掛ける回数が多いということは、

(相手の)心に接している回数が多い

ということ。

上手いサッカー選手は、

ボールタッチ数が多いので、

〔小まめに(優しく)ボールに

タッチしている回数が多いので〕、

ボールをうまく扱いやすい

〔上手くケアしている〕

ということと同じ。

(ボールとの良い関係が

築けている。)

きめ細やかな、相手を想う言葉掛けは、

その回数も大切なんだと思います。

もちろん、

掛ける言葉の質というか、

想い・優しさ・愛情

というのも 大切だと思います。

スキンシップも大切にゃりよっ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました