済んだ課題に 固着しない。

 

人には、それぞれ課題があります。

 

 

そして、そのときによって、順次(その人に よっての)課題が

与えられてゆきます。

 

 

その人は、何かを学ぶ為に、

その課題を経験することになります。

 

その課題を経験して、意味を知ることで、

その課題は卒業なのです。

 

その課題の経験をしたのに、その意味を知ることが出来なければ、

何度も その経験をする必要があるのかもしれませんが、

 

もう卒業なのに、その一つの課題に 固着する必要は ありません。

 

 

_

あなたは、もうその課題を、

充分に経験しました。

 

 

課題にも、しっかり 取り組み、味わい、

充分に もう学んでいます。

 

もう、そんな辛い想いをしなくていいんです。

 

 

「まだまだ学ばないと」と、(既に卒業している 課題に)自分を追い込まなくていいんです。

 

 

あなたは、充分に学び、その課題の(経験の)意味も理解しています。

 

 

 

さぁ、次の学びに参りましょう。

 

 

課題を経験して学ぶことは、

何も辛いことばかりではありません。

 

楽しいことを経験することも学びです。

幸せになることも学びです。

 

 

様々なことを経験してゆきましょう。

 

 

 

ただ、ひとつ、忘れないで頂きたいことが御座います。

 

 

人は、幸せになる為に生きています。

 

あなたは、幸せになっていいんです。

 

それだけは、忘れないで頂いて、

 

 

これからの人生に起こる 様々な経験をしてゆきましょう。

 

 

 

 

Durmuş ÖkmenによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました