「課題」と「自分」のみ。

 

目の前に やるべきこと[課題]があるとき、

 

 

〇〇さん(先輩)のように やるには。。

 

とか、

〇〇さんだったら、どうやってるんだろう?

 

とか、

考えると、

迷路にハマりやすいんだと思う。

 

シンプルに、

目の前の やるべきこと[課題]

と、

 

自分の出来ること(ストレッチして出来るまでの範囲も含む)

 

の2つのことだけを考えて、

 

どう取り組むのか[やり方]、

と、

 

その、問題・課題に対して、

逃げずに正面から向き合うということ[姿勢]

 

ということが、大切なんだと思う。

 

 

分かりもしない「〇〇さんなら~?」は、

想像しても、〔どのみち〕想像でしかないので、

意味がない。

 

そして、

そもそもの目的を捉え間違えている

ことになっている。

 

 

目の前の 問題・課題を解くこと。

 

✖:〇〇さんと同じやり方をすること。

 

 

そういう意味でも、

意味のない ムダなことをしていることに

なっているので、やはり違うと思う。

 

 

『彼(敵)を知り己を知れば百戦対殆うからず』

 

やはり、孫氏は偉大な方ですね。

※ちなみに、今回の話でいう、彼(敵)は、問題・課題のことです。

 

==

※先輩方が、同じ課題に対して、成功していた

やり方を(自分が)知っているなら、参考になる可能性は

あります。

 

そして、そのやり方に頼り切らずに、

一つのやり方として捉えて、試してみる、参考にするのは

良いことだと思います。

 

 

目の前のごはん と 空腹な私(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました