今を身軽に 生きるには、

TeddyAndyによるPixabayからの画像

(猿田彦さま)

世の中には、星の数ほどに 様々な出来事が 起こります。

.

その 一つ一つを見れば、様々な意味合いの ものがあります。

.

.

しかしながら、

それらは、行き、過ぎ去るものです。

.

その ものが、留まることはない。

.

過去の ものは、過去の ものに 過ぎない。

.

それ 以上でも、それ 以下でもない。

.

過去の ものに固着してはいけません。

.

Hans BennによるPixabayからの画像

..

過去は過去であって、現在のものではない、過ぎ去ったもの

.

今を生きる あなたには、今のものが 現実のものなのです。

.

過去の ものを いつまでも ぶら下げていては、足かせに なってしまうだけ。

〔過去の栄光も、過去の失敗も、既に過ぎ去ったもの。今の あなたのものではない。〕

.

今を生きる あなたは、過去の 足かせを外して、

今を身軽に〔自由な発想と行動で〕生きる方が、自然なのだと思います。

.

.

Mirolim MirsolixovによるPixabayからの画像

..

過去の多くの ものに執着して、それらを抱え込みながら、

.

今を生きるというのは、身動きがなかなか取れず、がんじがらめとなり、

.

普通に 歩ける道ですら、重々しい足取りと なるでしょう。

.

その様な 状態では、当然 気持ちも滅入ってきてしまうもの。

.

.

ならば、

どうすればいいのでしょうか?

.

.

シンプルに 言ってしまえば、

.

今を生きているのだから、今を見ればいい。

ということ。

.

.

今、この瞬間を生きているのは、

今、この瞬間の あなたです。過去の あなたではありません。

.

.

誰か、他の人のことも同様です。

.

.

過去の あの人は、

過去の あの人であって、今の あの人ではありません。

.

今の あの人は、

過去の あの人ではなく、今の あの人ということです。

.

tegawiによるPixabayからの画像

..

.

〔素晴らしい方は、常に 前へ前へと 歩まれています。(過去の栄光に いつまでも、あぐらをかいては、いません。 過去の失敗に、めげてはいません。)〕

〔過去のネガティブな感情に 囚われていることは、今を しっかりと見れていないということです。あっけらかんと しているくらいが調度良いのだと 思います。車の運転でも、しっかりと前を見て 運転しないと危ないもの。後ろ[過去]を見ながらの 運転は危険です。(>_<)

〔過去の 相手の過ちも、過去の 自分の至らなさも、過去の ものです。もう 許してあげましょう。〈記事:「ゆるす」は、魔法の ことば。〉

.

Marjatta CajánによるPixabayからの画像

..

複雑なことでは ないです。

『今を生きる』ということ。

至ってシンプルな 考えです。

.

.

その シンプルな発想が、

.

いろんな しがらみから解放してくれます。

今をクリアに見させてくれます。

.

.

そして、未来に関しても、

今の一歩一歩が 未来へと繋がる ということだけです。

.

.

「今を どのように生きるのか」ということに 意識を向け、行動してゆく ということが、

『今を生きる』ということ なのだと思います。

.

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

..

そして、この『今を生きる』をしている人は、

今を身軽に 生きている人 なのだと思います。

〔心も 行動力も、身軽でフットワークが良い人。柔軟な発想で 吸収力が素晴らしい人。〕

.

.

身体の細胞も、常に生まれ変わる 様に、私達自身もまた 常に生まれ変わっているもの なのだと思います。

.

.

.


〈らくらいいふみ を支援するは、こちら。〉


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました