そう思う。⇒ 知らぬ間に、そうなってる。

ずいぶん前のことですが、

整体の学校に通っていたときに、
教えて頂いていた先生から、

『お客様が施術後に、道をスキップしている状態をイメージしながら、施術をしましょう。』
と、教えて頂きました。


当時は、まったくなんのことやら分からずでしたが、 (^^;

さまざまなことをお勉強してゆくうちに、
それが、なんでなのか理解できてきました。
《想念、引き寄せ、脳、、などなど、》


自分だけでなく、たくさんの周りの人達の
幸せに貢献できないかな?と、
最近よく思いますので、
自分なりにまとめてみました。
  ↓


【自分】
自分がなりたいと思う状態(立場だったり、姿だったり、などなどの状態)に、

自分が既にもうその状態になったがごとく
立ち振る舞う(自分でもそうなっていると思ってしまう。感じてしまう。)と、

〔それを続けていると、〕その状態に近づいて行って、
知らぬ間に、そうなっている。

〔↑自分で そう[状態]なったと、既に思い込んでいるので、知らぬ間にというか、気が付けば、そうなってるみたいな感じですよねー。〕

〔ちなみに、「なんで、いつもイメージしているのに、そう(理想の状態に)いつまでもならないの?」聞かれることもありますが、《現状》と《理想》を別に意識されているので、リンクされていないんでしょうねぇ。
そう(理想=現実)なっていて、違和感なく感じている状態がコツなんでしょうね。〕

.

【子ども、職場の部下】
これは、子育て(社員教育)に対しても言えるんだと思う。

今、その子が どんな状態であっても(いろいろ目に余る状態でも)、
この子は素晴らしい、素晴らしい人になるんだぁ と、接してゆくのが
大切なんだと思う。

〔※我々が育てるのではなく、その子が自然と育ってゆく
〔※こちら側の、あーしたい、こーしたい、の押し付けではなく。気張らずに。〕
(その子自身の素晴らしさに期待するというか、〔未来を見て〕その子が自然と素晴らしい状態になっているがごとく、こっちも接してゆく。)

〔こちらも、既に素晴らしいと思い込んでいるので、気が付けば、思い返してみれば、(その子は)随分成長したな~、となりますね♪
あと、既にその子は素晴らしいので、(そこまで あまり)叱らなくでもいいんでしょうね。そこまで叱らないんだけど、なんでか 知らぬ間に、しっかり してくるんですよねぇ。〕

.

【自分の周りの人】
身近な人、普段接する人、よく見かける人、、などなど、いろんな対面する人(相手)にも 同じことが言えるのだと思う。


私は整体の仕事をしていますので、たくさんのお客様に接します。
そのお客様に施術をさせて頂く際に、
〔冒頭でも触れましたが、〕
お客様の『幸せ』を、もうそういう状態(幸せ)になったがごとくに思いつつ(感じつつ、願いつつ)施術をしますと、
〔面白いことに〕そうするほうが、施術での結果も さらに うまくいくんです♪(^^)

そして、さらに もう一歩踏み込んで、
そのお客様が幸せになって、
そのお客様の家族など身の周りの人達も幸せになって、
そのお客様に接する人達も幸せに~♪
というイメージも入れつつ接して(施術もして)います。


==

たくさんの人が、日頃から、
もっと自分に対しても、周りの人に対しても、
『幸せ(になっている状態)』を想いつつ(願いつつ)、
過ごしてゆけたらイイですね♪(^^)

あ、コレ(↑)も、既にそうなっている状態を想ってないとですね(汗)。(^^;

 

.

コメント

タイトルとURLをコピーしました