時間 の捉え方、扱い方。

「過去があって、今がある。」という

発想は(扱い方によっては)キケン

なように思う。

過去の土台の上に、今が成り立っている、

という感覚になるので、

過去が、基本というか、

大事という感じがする。

⇒(いつまでも)過去に引っ張られる、恐れがある。

==

〔カタカムナ的発想の〕

時間は、未来から現在、過去へと流れる。

という発想の方が、

過去は流れ去るので、

過去に縛られないようになるのでは?

こっちの方が健全な発想なように思う。

==

ただ、

未来よりも、過去よりも、

今、この瞬間が大事」という

の考え方の方が、私には合う。

〔未来は、まだ生まれていない。

過去はもう亡くなった。という考え方。

まだ生まれていない未来を考えても仕方がない。

過去はもう亡くなったもの。〕

==

〔一見、矛盾しているように、感じてしまうかもしれませんが、誤解を恐れずに言えば、〕

四季(一年の周期)とか、サイクルとか、リズムとか、

そういうものを、把握しておくことも大切で、

そういうものを把握しつつ(それに縛られることなく)、

『今』というものに、集中する、大切にする

ということが大事なんだと思う。

〔こっちがメイン。〕

サイクルとかは、おおよその ものとして捉えて、

メインの『今』を

しっかり見る、

感じる、

味わう、

丁寧に扱う。

そういうことなんだと思います。

_

 ↓過去の記事です。よかったら読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました