何も無いよう に思えるものにも、

Anna LarinによるPixabayからの画像

何も無いよう に思えるもの。

.

何も無いよう に思えるものにも、価値が あるのだと思います。

.

そういうことが多いのだと 思います。

.

.

何も無い 空間。

fancycrave1によるPixabayからの画像

何も無い空間に 目を向けると、そこには 何も見えません。

.

ですが、

目に何も見えない 空間には、「空気」があります。

.

.

もちろん、「空気」というものは、私達には とても貴重なものです。

.

.

.

何も予定が無い 休日。

PexelsによるPixabayからの画像

イベントも、やることも、何も予定が 無い休日には、

「穏やかな時間」や「休息」や「大切な人との向き合える 時間」が あります。

.

.

「穏やかな時間」や「休息」は、心や体を 休めさせるのに、

とても貴重なものです。〈過去記事:「スローライフも また貴重。」〉

.

「大切な人との向き合える 時間」は、

忙しくしていると、知り得ない 大切な人の情報(近況なども)が 聞けます。〔お互いの情報を 共有できる 時間に なります。〕

.

〔一人暮らしの人は、「自分との向き合える 時間」が 作れます〔内観〕。忙しいときは、自分の外に ばかり意識を取られているので、自分自身に向き合うことも、とても大切な時間です。〕

.

.

〔もちろん、楽しいイベントが ある休日というのも、大切な機会です。〕

.

.

.

会話の無い「間」。

Isa KARAKUSによるPixabayからの画像

会話の「間」というのは、会話の流れが途切れていて、会話が「無い」状態。

.

.

誰かとテンポ良く会話をしていて、途中で相手の話が

スムーズに返って来ないという「間」。

.

この(相手の返事が、すぐに返って来ない)「間」というのも、

相手は、直接 言葉では 会話をしていないですが、

想いというか メッセージが込められています。

.

.

「すぐに話が しづらい という程のこと」なので、

その(相手の)メッセージに 気付かずに、会話を ドンドンと 続けるのではなく、

相手の(無言の)想い(メッセージ)を汲んであげることが大切です。

.

その会話の「間」は、重要なメッセージが 含まれています。

.

.

.

その他のことでも、

Ludovic CharletによるPixabayからの画像

● 日本画の「余白」。

→何も描かれていない 状態が、想像を掻き立てたり、情緒的であったりする。(空いている)空間の美。

.

.

● 物語の「語られない部分」。

→読者が(それぞれ自由に)想像を掻き立てることが できる。〔参加できる。〕

.

.

● (恋の駆け引き、ゲームの戦術)ガチガチに固めず、敢えて「隙」を作る。

→隙を作ることで、相手が 動きやすくなる。(相手を動かす。)

.

.

.

価値を見出す。

Karolina GrabowskaによるPixabayからの画像

「何も 無い」、「何も 意味が無い」、「無駄なんじゃないだろうか?」、、

そのように思えるものでも、

.

実は、(自分が 気付いていないだけで)価値が あるのだと思います。

.

.

「何も無い」「無駄だ」と、初めから思ってしまえば、

もうそこに価値を見出すことはしないでしょう。

.

〔本当に「意味のない」ことや、本当の「無駄」ということに なり兼ねません。〕

.

.

何にでも「意味が ある」「価値が ある」というスタンスで、

そこに価値を見出すことが、

何でも 自分の糧としてしまうコツなのだと思います。

.

.

 

.


〈らくらいいふみ を支援するは、こちら。〉


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました