両極端のもの の混在(両立)。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

.

矛盾のように感じますが、

.

物事の理想的な状態は、

両極端のもの の混在(両立)に あると思います。

.

〔私の個人的な感覚としてですが。。〕

.

.

_

例えば、

.

自分のポリシーを持ちつつも、他の人に言われたことに対して素直に行動することが、望ましい。

〔自分の信じるものの「自分の やりたい様に やる」では、行き詰まりになりやすい。また、他の人に言われたことだけを やって、自分自身に 核となるものがなければ、(やったことに対しての)価値が薄くなったり、厚みがなくなる様に思います。〕

.

(自分のことは、自分が一番分かっている。しかしながら、自分のことは、一番見えていない。)

.

.

人の成長に対しても、

相手を、期待して関わりつつも、

ある意味 遊ばせておく(過剰に関わらない)ことが 良い様に思います。

.

失敗することでの 学びもあるし、

成功することでの 学びもある。(どんなことにも、学びは ある。)

.

自信を持ちつつ、謙虚であること。

.

速やかに行動しつつ、落ち着いて行動する。

.

お金も、大切に扱いつつも、使わないと、増えてゆかない

.

先を見据えることも大切だが、

只今に生きることも大切。の考え )

.

無駄を無くすことも 大切だし、

無駄を作ることも 大切。(← 無駄を作ることで、上手く機能することも多い。)

.

お客様を 大切にしつつも、媚びない

.

仲間との時間も大切だが、一人の時間も大切。

.

仕事の時間 も 大切にしつつも、

プライベートの時間(大切な人との 時間)も、

共に 大切することが大事。

.

記憶は、

覚えることも大切だし、忘れることも大切。

.

計画を立てて 実行することも 大切だし、

(状況を見て)臨機応変に対応して 行動することも 大切。

.

知識の、プットインをしないと、プットアウトが出来ない。

そしてまた、プットアウトをしないと、プットインが出来ない。

.

攻めつつ、守り。守りつつ、攻める。

.

型は、

基本を 守ることも 大切だし、崩すことも 大切。(守破離)

.

.

などなど。。

.

.

物事の両極端と 思われるものを、

併せ持つ ところに、「真」が あるように思います。

.

.

.

「カタカムナ」の考えの 重合互換性 の感覚に近いのかもしれない。〈「カタカムナ」wiki〉

.

==

.

もしかすると、

.

それぞれのものが、両極端(反対側にあるもの)と考えていること 自体が、

思い違いをしているもかもしれません。

.

異なると感じているものが混在(両立)する 例として、

量子の性質の 粒子性波動性 というものが挙げれると思います。

.

我々が、「別の もの」「対極の もの」と感じているだけであって、

それらは、共存・両立 しうるもの ということも、

意外と多いのかもしれません。

.

.

.


〈らくらいいふみ を支援するは、こちら。〉


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました